犬や猫も高齢化が進んでいます。

​バリアフリーの院内は通院しやすい設計になっています。